関東スーパーリーグ

お問合せ

KSL関東スーパーリーグについて

関東スーパーリーグとは

高校ラグビーの普及と発展のために関東地区1都7県の高校の上位校の中から有志が集い、 参加各校が総当たり戦で公式戦と同様の形で試合を行い地区のレベルアップと部員間の 相互交流の促進を目的に、2002年2月に発足したのが関東高校スーパーリーグです。
2002-2004年は参加8チームでしたが、2005年に2チーム、2006年からは更に2チームが加わり 12チームになりました。
2011年に桂高校が脱退、2012年に東京高校の加入があり、現在は12チームにより白熱した試合が 繰り広げられています。

KSL

運営ルール

1.基本ルール

  • 公式戦ジャージを着用する。
  • 芝生のグランドで行う。
  • Aチームの試合以外にもできる限りBチーム、Cチームの試合を行う。
  • 試合のみならず、相互の交流を促進するためのイベントを行う。

2.レフリー

  • Aチームの試合のレフリーはB級以上とする。
  • Bチーム以上のレフリーは育成を兼ね、レベルは問わない。但し有資格者を優先する。

3.試合

  • 3月-7月にAリーグ6チーム、Bリーグ6チームでリーグ戦を行う。
  • 9月-10月にA・Bリーグそれぞれの1-2位グループ、3-4位グループ、5-6位グループでリーグ戦を行う。
  • 試合は前後半30分とする。

4.競技規則

競技規則は19歳未満標準競技規則の国内高専・高校以下用にて行う。

5.成績

  • 順位は、1.勝利数(不戦勝含)、2.負け数(不戦敗含)、3.当該校勝利数、4.当該校得失点差、5.リーグの総得失点差で決定する。
  • 同地区チームとの対戦をNGとする場合、引分けとする。

6.表彰

  • 年間日程終了時、順位を決め1位のチームに優勝盾を贈る。
  • 年間日程終了時に参加各チームからベスト15を選出する。

7.安全の確保について

  • 選手の試合中の安全を確保するために参加各チームは相互協力のもと、以下を行う。
  • ホームチームは事故発生時に緊急病院へ連絡が取れる状態にする。
  • 1試合につき最低1名以上のメディカルスタッフを置く。

事務局

顧問 森 善雄 … 元熊谷工業高ラグビー部監督
元埼工大深谷公ラグビー部監督
事務局代表 吉岡 肇 … 國學院栃木
事務局・総務 高橋 健 … 茗渓学園
会計・監査 藤原秀之 … 桐蔭学園
広報 山本泰久 … 東京農大二
議長(書記) 横田典之 … 深谷